高校受験の親の悩みQ&A
高校受験の勉強をするうえで遭遇する「子供のやる気がない」「勉強のやり方がわからない」「塾をどこにすべきか?」「塾とのつきあい方」「成績が上がらない」といった悩みにズバリお答えするQ&A
Pocket

受験真っ只中で、メンバーさんからの相談や質問も多く、怒涛の日々を送っています。

そんな中、ブログでせっせと親の方に参考になりそうな教育関連のニュースを取りあげて紹介していますが、全然追いつきません(≧◇≦)

アンテナに引っかかったものだけを取りあげていても、それでもホント毎日ものすごい量の教育関連ニュースが流されています。

ニュースの波に流され、影響を受け、翻弄され、自らの持つ経験や勉強に対する考え方を揺さぶられて自らを失っている親の方も多いのではないでしょうか?

自分を見失うだけならいいのですが、そのままの状態で、子供に接すれば、左右両極端のことを子供にやらせようとしたり、つじつまの合わない言葉を浴びせたりして、子供を混乱させてしまうことにもなりかねません。

また、それ以外にも、親が経験してきたことが状況や流れの大幅な変化によって、今の子供にはまったく通用しなかったり、違ったものになってしまっていることもあるでしょう。

だから、ありきたりですが、まずは親がしっかりする。

自分の考えや思いをきちんと整理しておくということがこれからはますます大切になってきます!

では、どうやって整理していくのか?

それは、「書いてみることだ」と以前から言っています。

親技のメンバーさんにも、報告やテスト結果などを送ってもらっていますが、この第一義の目的は書くことによって、自分の考えややっていることを整理してもらうことです。

親が頑張っている気になっていたものの、意外とやった内容を書くことがないというのはよくあることで、やったことは結局
 
「勉強しなさい!」

と言っていただけ・・・とかね。

子供にやる気がない!
子供が本を読まない!

と嘆いている人は、京都の公立高校で取り組んでいる試みを真似してみたらどうでしょうか?

2008年1月11日
読売新聞 勉強の極意、読書歴など「伝授」…京都・公立高校

教師が自らの子ども時代を振り返りながら、勉強に取り組んだ体験や読書歴を生徒に伝えようという試みが、京都府内の公立高校で始まった。
「先生も苦しみ、悩みながら学んだんだよ」――。教師のありのままの姿を隠さずに見せることで、生徒たちを刺激し、学習意欲を引き出すのが狙いだ。

「自分の学習体験を手記に」。

京都府立網野高校の教師たちに、そんな宿題が与えられたのは昨年の夏休みのこと。

宿題は「学問のススメ 網野高校教員の体験的勉強論」と題した小冊子にまとめられ、在校生約600人に配布された。A4判、60ページに教師ら46人の手記が収録されている。

(省略)

京都市立堀川高校でも、教師が生徒に薦める本を小冊子「読めるものなら読んでみろ 堀川の429冊」にまとめて、1年生
6学級の教室に備えている。

とてもいい試みだと思いません!?

こういうのをやって、あれこれやって、悩みを言うのなら、その悩みは具体的だろうし、問題点もはっきりしている。

それで相談すれば、答える相手も答えようがあるでしょう。

でも、そんなものはなにもなく、「やる気を出させてください」と言われても、困っちゃうわけです。

そういう方に対して、「親のやる気が最初でしょう?」と申し上げているわけです。

とても味気ない言い方ですが、勉強に悩んだら、勉強をするしかない。

勉強で悩んでいるのに、勉強せずに解決する方法はないんです。

成績がイイ子の親は皆知っていることです。

だから、成績がイイ子の親は、勉強の「導入」や「動機」や「進めかた」や「接し方」や「与え方」を常々考えているわけです。

ぜひあなたも書いてみてください!

「自分の学習体験」を!
「読めるものなら読んでみろ お母(父)さんが薦める10冊」を!

そこから何かが生まれる可能性は高いです!