高校受験の親の悩みQ&A
高校受験の勉強をするうえで遭遇する「子供のやる気がない」「勉強のやり方がわからない」「塾をどこにすべきか?」「塾とのつきあい方」「成績が上がらない」といった悩みにズバリお答えするQ&A
Pocket

今回のご相談

わが家には中1の息子がいます。明るい元気な子でなによりですが、問題があります。
そばで子供を見ていると、自分で問題が解けたり、スラスラ解け ると

 「オレって、天才!」

と叫びます。

解けている問題を見れば到底天才じゃないと思うのですが、黙っています。我慢します。この「天才」が少しでもわからない問題だと考えることもなく

「こんな問題、絶対わからん!」「わけわからん!」
 
と叫ぶのです。

「天才なんだから考えてみれば」と以前言ったら大バトルに発展して往生したことがあります。

この自称「天才」につける薬はありますでしょうか?

思わず「あるある!」と叫びました(^ε^)-☆

信じられない方もいるかもしれませんが、「俺(私)って、天才やん!」っていう子供は男女問わず、小学生、中学生問わず多いです!

ちなみに私もこのタイプ(^_^)

だから気持ち的にはよーく理解できるものの、指導するとなると「ちょっとねえ・・・・」と思ったものです。

きっと相談された方の悩みも同じだと思います。

このタイプ、やっかいなのが「お調子モン」だということ。親の中には「口先だけ」と厳しく表現される方もいる(≧◇≦)

なんだか自分のことを言われているみたいでくじけそうなんですが・・・

ついさっき「天才!」とか「楽勝!」って叫んでたかと思うと、次の瞬間に「この問題、絶対無理~!」。理論的に考えればあり得ない!ハズですがねえ。

「おい、さっきの天才はどこにいった!!!」

とそばで聞いてる親のほうが叫びたくなっちゃう(◎_◎)

こういう子供は自分ができるときはノリノリモード。少し躓くと意気消沈でダラダラモード。ムラがあって立ち直りにも時間がかかるタイプと言えるでしょう。

一方、マイペースな子供はちょっとノリこそは悪かったりするけど、コツコツと勉強するので指導する側としても教えやすいわけです。

親としてもこのタイプを望む方が多いと思います。(まあ、こっちのマイペースタイプの子供を持つ親はノリが悪いだなんだと文句を言うんですけどね(^ε^)-☆)

では、前者「気分がムラムラ君」と後者「気分はマイペース君」は、どっちが成績が上がりやすいのか?

ハイ、もちろん「マイペース君」です!

でもそれは当然と言えば当然でしょ?

ムラなくコツコツ勉強するわけですから、成果も期待できます。

ただですね、「気分がムラムラ君」がダメなのかというと、そうでもないんですよ。

というか指導に行けば「気分がムラムラ君」なんてそこかしこにいるわけですから、それがダメとなると、諦めることになっちゃう。

でも、「天才!」「楽勝!」から瞬間的に「絶対無理~!」なんてジェットコースターみたくなるのをそばで見ていると、ゲンナリする。

しかし、そんなに捨てたもんじゃない!

勉強には勢いが必要

と言います。

その勢いとは「ノリノリの状態」を意味します。たとえすぐに意気消沈する「気分がムラムラ君」だってノリノリモードのときがある。

そのノリノリモードは良い状態ですよね?

問題は、

良い状態を「いかにキープ」して、 悪い状態を「いかに封じ込めるか」

ということ。

理屈でいえばそうなんですけどねえ・・・

ひとたびダラダラモードになったらタチが悪いですから(>_<)

では、ダラダラモードになったときにどんな注意をするべきか?

「問題をよく見てみなさい」 「少し考えてみたら・・・」 「図を書いてみたら・・・」

皆さんもこれまで言ってきましたよね? こういうの!
でも効果はそれほどなかったはずです。

じゃあ、どうするか? 悪い状態になったときになんて言うか?

注意するのは、ノリノリモードのとき

???ですか。

この手の「気分がムラムラ君」に注意するのは悪くなってからではなく、「ノリノリモード」の時!

でも、ノリノリモードのときは良い状態なはず。

なんの注意をするのか?

「天才である必要はない」

またしても、?????ですか。

問題が解けて「俺(私)って、天才やん!」とノリノリで問題を解いてる子供に対して

「天才である必要はないんやで」

と言う。

なんか、テンション盛り下がりそうですか・・・

さらに続けてこう言う。

大切なのはこの問題だったら簡単に解けるレベルに自分がいるってことを知ることや!ええか、この問題なんかはお前なら楽勝なんやからな!

イメージわかります?

子供たちが一番冷静に人の話に耳を傾けるのはノリノリな状態のとき。

永続的に成績を上げていくためには、謙虚さが必要です。本当に上位の連中はとても謙虚な子が多いとこれまでお話してきました。

謙虚であれば、人のアドバイスを吸収することもできますし、自分自身を冷静に分析することができるからです。

自分を分析することって、成績を上げる必須条件ですからね。

つまり、一番イイ状態で耳を傾けるタイミングに自分を分析するよう求めてるわけです。

子供にとってイイ状態を作りだす、ノリノリにさせるのは、アドバイスに耳を傾けさせるためでもあります。

その耳を傾ける絶好の機会を「何とか続いてくれ」とたた願ったり、イイ状態なんだから気持ちよく勉強させておこうと意味もなく褒めたりする。

そういう人は悪くなったときに対処ができないわけです。

家庭での勉強がうまく機能していない親は、「悪い状態」からどう脱出しようか? 
なにかイイ手はないか?と相談する。

ですが、イイ状態のときになにを言うか、どうしているかが根本の問題なんです。

それなくして悪い状態からの脱出は難しいし、悪くなってどうしようかと考えてもダメなんです。

相談者のお子さんの場合、悪い状態になったときに

「ホンマにお前が解けないレベルの問題なのか!」

そう問いかけられるように、良い状態で耳を傾けられるタイミングのときに子供に投げかけをして自分自身を分析するよう求める。

良い状態、ノリノリの状態のときに「黙って我慢する」のではなく、そういう投げかけをしておくことです。

それは悪い状態になった時に「ホンマに解けないレベルの問題か」を言うためにです。

ノリノリの状態になったことがない家庭ではまずノリノリにさせるのが最優先。

ノリノリにも優劣があります。

根拠なく「天才!」と叫ぶノリノリもあれば、自分自身を分析できるノリノリもある。

本当の良いノリノリ状態とは、冷静に今の自分を分析できる状態です。

そのためには、ノリノリのときにそばで見ている親がそうなるようにアドバイスしてやらなければなりません。

今の問題は、ノリノリでイイ状態のときの親の投げかけをいかにするかの問題で、悪くなったときにどうすべきかという問題ではないのです。

ぜひ耳を傾ける可能性が高いノリノリのときに、先に書いた投げかけを参考に子供に「投げかけ」をしてみてください。

問題点はそこにありますから。