高校受験の親の悩みQ&A
高校受験の勉強をするうえで遭遇する「子供のやる気がない」「勉強のやり方がわからない」「塾をどこにすべきか?」「塾とのつきあい方」「成績が上がらない」といった悩みにズバリお答えするQ&A
Pocket

2011年度から小学校5年生6年生に英語の授業が導入されることになったとか。

まあ、授業が導入されるずいぶん前から小学生の英語の授業は塾 なんかでは盛んに行われてきました。

が、今回の導入決定を受けて、小学生英語への需要が一段と高まりを見せ、塾なども講座やクラスのの開設の動きが活発化してきているようです。

親が学校や塾などの英語授業にどれくらいのことを求めているのかは定かではありませんが、塾などで行われている授業は意外とチョロイ内容のところも多いようにも思います。

それなら家でもカンタンにできるじゃん!みたいな。

お金を払うのは皆さんなのでとやかく言うつもりはないのですが、英語論議も華やかになってきた昨今、英語の教育について改めて考えてみるイイ機会だと思います。

考えてみるにはやっぱり題材がいりますよね?

イイ題材がありますよ!! 無料で(^ε^)-☆

英語教育ニュースに関西大学教授の田尻悟郎さんが

私の理想の「英語教室」  教科専用教室のすすめ

というエッセイを寄せていらっしゃいます。

ぜひ一読され、我が子の英語教育をどうすべきかを考える材料になさってください。

詳細は読んでいただくとして、田尻先生が書かれている

語学は、以下の4つの段階を経て進んでいく。

CategoryA : 意味・構造理解
CategoryB : 暗記
CategoryC : 入れ替え
CategoryD :初めて聞くこと/読むことを理解する、頭の中の言葉を言う/書く



我々は、生徒がCategory Dの活動ができるようになることを目指して授業をしているのであるが、残念ながら、私が知る限り我が国の英語教育では、Category Aに最も多くの時間が割かれている。

Category Aの活動にも、生徒が英語を使ううちに気がついたことをまとめ、生徒同士でそれをシェアしたり比較したりすることで知的な学習をするチャンスはある。

しかし、教師がそれを奪い、まだ一度も使ったことがない英語表現を黒板にまとめ、写させるだけの、教師主導のCategory Aの活動が中心となれば、生徒は静かに板書を写すだけの、頭を使わない活動をするだけである。

このような授業では、普通教室でこと足りる。 

学校や塾の先生が、また学校や塾の組織そのものがこういう認識で一致して子供たちの英語教育に当たってくれたら、英語が好きになる子供たちがもっともっと増えてくると思います。

Now read and think about it!