リニューアルオープン

→ お悩み相談室(音声セミナー)

トップ > 入試(後期) > 入試演習と過去問の違いについて

入試演習と過去問の違いについて

さあ、これから夏期講習に突入です。入試演習も始まりました。

この入試演習が 始まると、今まで以上に親の役割、家庭の役割の意味が大きくなります。なぜなら、入試演習をすると、たいていは問題が解けないから。今まで順調にきていなかった方はもちろん、順調に来ていた方もこの入試演習からガタガタ崩れていく 可能性も大きいものです。

よってこれからは受験日からさかのぼり、計画を立て なければなりません。その計画も通り一遍のものではなく、また受験生全般に適 用するようなものではなく、我が子のための計画を立てなければなりません。

今年の入試問題がどういうものが出るかはわからなわけですが、過去に出題された 入試問題を解き、合格点を取る!これを入試日までに実現すべく、これからの入 試演習を行っていきましょう。

それに先立って、過去問は何度も繰り返し述べる ように取り扱い注意です。相当な自信を子供に与えるものになる武器になる一方 で、どうしようもなく落ち込む材料にもなりうるのが過去問。その過去問の位置 づけと入試演習の考え方について、今回は話してみました。

一覧 はじめての方

音声セミナーの更新情報はRSSフィードでも配信しています

RSSに登録 Google リーダーに登録 My Yahoo! に登録 livedoor Readerに登録  はてなRSS に登録

音声セミナーを聞くにはそれぞれの教材購入時にお知らせしている「ユーザー名」と「パスワード」が必要となります。もし、万が一、「ユーザー名」と「パスワード」がわからなくなったという方がいれば、お知らせ下さい。 あて先こちら ※音声セミナーmp3形式、レポートはPDF形式となります。