リニューアルオープン

→ お悩み相談室(音声セミナー)

トップ > 発展

この音声セミナーは、「公開・実力テスト対策」購入者限定で公開しております。公開・実力テスト対策をうまく活用することで、さらなる成績アップにお役立てください。

公開・実力テスト対策とは?


範囲が広い公開テストや実力テストになると偏差値が下がる、対応ができない、こういう方のためのコースです。実は公開・実力テスト対策は日々の勉強の中でやっておくべきものです。1日何分、どこから手をつけるべきかを伝授します。ただし、このコースは範囲が狭いテストで手こずっている方は手を出してはいけませんぞ!発展コースですからね。

 公開・実力テスト対策の詳細・申込

音声セミナーを聞くにはそれぞれの教材購入時にでお知らせしている「ユーザー名」と「パスワード」が必要となります。もし、万が一、「ユーザー名」と「パスワード」がわからなくなったという方がいれば、お知らせ下さい。 あて先こちら ※音声セミナーmp3形式、レポートはPDF形式となります。

音声セミナーの更新情報はRSSフィードでも配信しています

RSSに登録 Google リーダーに登録 My Yahoo! に登録 livedoor Readerに登録  はてなRSS に登録

公開テストの出る単元がわかるようになっちゃう!?

「タイガー、どうしたのこれ!? なにやってるの?」
「これは公開・実力テスト対策でオレが使っているものだけど・・・」
「そういうのはメンバーの方々にすぐに教えてあげようよ」
「どうしようかな・・・」
「どうしようかなじゃないでしょ!」

というわけで、もちろんタイガー山中が実際にやっていることを今回はお話します。

一覧 はじめての方

公開・実力テスト対策の大事なポイント

日々の勉強に追われて公開テストや実力テストの対策がなかなかできないという話をよく聞きます。
賢い人は テキストなどで「できた問題」「できなかった問題」などの印をつけておいて、公開テストや実力テスト前にそれを集中的にやっつける。

イイやり方ですよね、これは。

しかし、範囲が広い、問題が多いと全部やりきれないという問題がでてきます。
まあ、そこでテキストにつけた「できた問題」「できなかった問題」の印を利用するわけですね。

えっ、やっぱり「できなかった問題」が公開・実力テスト対策では最優先かって!?

そ、そ、そこなんですよ、ポイントは!!

一覧 はじめての方

高校入試の英語対策でまず取り組むべき点

定期テストの英語の勉強というのは割と取り組みやすいと思います。

教科書があって、ワークがあって、多少先生のプリントがある。単語・熟語を覚えて、新しい文法事項を確認し、それが使えるようにワークで練習する。

あとは並び替え、英作文、読解・・・とまあ、こういう流れで勉強している方が多いでしょう。

それが実力テストや最終的には入試の問題となると、いったいどういう勉強をすればいいのかという話になる。

つまり、定期テストと入試(実力テスト)では問われ方が違ってくるわけですね。

定期テストの勉強の延長線上に入試がないと。みな、そこで苦しむことになるわけです。

中には自然とスムーズに移行して勉強できる子供もいますが、実力テスト、入試形式のテストになると途端にできなくなったりする子供もいる。

その際、高校入試の対策をどういうふうに進めていくか。

教科書を勉強するにしても、何から手をつけるのか。そこで悩んでいる方が非常に多い。

そこで今回高校入試の英語対策でまず取り組むべき点をいくつか話してみました。

お手軽にできることですが、やっているとやっていないのとでは大違い。

ストロング自身も常に入試対策としてこれをやっていますので、聞いていただいて参考にしてください。

もちろん得意不得意などありますから、我が子用にアレンジして行うのがいいですよ。

一覧 はじめての方

この夏休みにやってほしい公開テスト・実力テスト対策

夏休み真っ盛りですが、今多くの子供たちがこれまで習った内容の復習に取り組んでいるはずです。受験生にはそれに入試演習が加わっていることでしょう。

大事なのは、「ただやった」という形に絶対にしないこと。

今やっている復習の内容は「もう受験まで2度とやることはないかもしれない。やった勉強は今日のこの場で絶対に抑えてしまおう!」

そういう気持ちでやる単元が1つ、2つ、3つ、積み上げられるならば、それがたとえ3つの単元だったとしてもOKです。

これから受験に向かって後ろを振り返る暇もなくなります。歩きながら落し物をどんどんして、11月になって財布の中身を見てみたら「カラッポ」だった。そういう事態が一番怖いし、そういう事態が起これば普通ではいられなくなる。

ゆえに「やったけど、どこかでもう1回やらないと厳しいなあ」そう思えるような勉強をしないことを求められるのが夏休みの勉強でしょう。

しかし、夏休みの勉強で復習するのは皆やっている。それでは横一線。

では差をつけるためにもうひと押し何をやるか? 

1日30分でイイ。毎日が無理なら2日おきでもいいんです。ぜひ残りの夏休みでやってほしい「公開テスト・実力テスト対策」があります。

実際に私たち自身がまさに今やっている「公開テスト・実力テスト対策」。大変オススメなので今回はそのことをお話ししてみました。

一覧 はじめての方