リニューアルオープン

→ お悩み相談室(音声セミナー)

トップ > 基本

この音声セミナーは、「親子ノリノリ勉強法」購入者限定で公開しております。親子ノリノリ勉強法をうまく活用することで、さらなる成績アップにお役立てください。

親子ノリノリ勉強法とは?


「成績が上がる勉強」ってどういう勉強なのか? もしこの問いに答えられないとすれば、日々随分と無駄な勉強をしていることでしょう。ただ頑張る勉強をさせていると勉強キライはひどくなり、勉強した割には点数もイマイチということになります。1日30分を6日間、つまり1週間で成績が上がる勉強法を親子で実践して体感していただきます。

 親子ノリノリ勉強法の詳細・申込

音声セミナーを聞くにはそれぞれの教材購入時にでお知らせしている「ユーザー名」と「パスワード」が必要となります。もし、万が一、「ユーザー名」と「パスワード」がわからなくなったという方がいれば、お知らせ下さい。 あて先こちら ※音声セミナーmp3形式、レポートはPDF形式となります。

音声セミナーの更新情報はRSSフィードでも配信しています

RSSに登録 Google リーダーに登録 My Yahoo! に登録 livedoor Readerに登録  はてなRSS に登録

【メルマガ未告知】ノリ勉の取り組み方について

現在4年生、今度5年生になる女子です。

やればできる子だと思うのですが、目的意識が薄くやらされ感が強いようで、勉強をストレスに感じつつあります。親もあれこれ工夫して本人のやる気を出すよう工夫するのですが、できていたリズムが風邪などで簡単に崩れてしまい、本人のやる気もあっという間になくなってしまうという繰り返しです。勉強と息抜きがうまくできず、親子ともどもストレスフルな日々を送っており、わらをもつかむ気持ちで購入を考えました。

30分間の集中時間の内訳ですが、10ー15分で解ける問題を最大30分かかると見込んで行うのでしょうか。

10ー15分で10-20問だと一問30秒程度で解ける問題を選ぶことになり、ほとんど計算問題になってしまうと思います。文章題を30秒で解けないというのは憂慮すべき状況だと認識したほうがよいのでしょうか。

現在一日2時間程度机に向かっています。30分ノリ勉を始める場合、30分終了後は休憩後、同じように30分を一セットに取り組むのが良いのでしょうか。

一覧 はじめての方

ノリ勉の成果をどう塾の勉強に活かすか?

塾の勉強は宿題が多く、今は一通りのやって終わっているのが現状です。 しかし、ノリ勉をやって成果を感じています。 このノリ勉の成果を普段の勉強にどう活かせばよいでしょうか?

一覧 はじめての方

16日間勉強をやったけど...

テスト勉強として16日間一生懸命やったけどテストで思うような結果が出なかった。 こういう場合、まず何を考えなければならないのか?

一覧 はじめての方

「宿題をしなくてもいいの?」

いくら注意しても物事をきちんとする(使ったものを元の位置に戻すなど)ことができません。

明日の学校の準備もいい加減、宿題が終わっていなくても、食事・睡眠優先、時には宿題をせずに登校することもあります。

親が「宿題をしなくてもいいの?」と注意してもなかなかせず、夜遅くなって自分ひとりではできないから手伝ってと暴れる始末、最近はできるだけ手伝わないようにしています。

明日までにしなくてはならないことが多いのに、読書や遊びなど自分の興味があることを優先してしまいます。

多くの方に当てはまるであろう、これらの子供の習性に親はどう付き合っていくべきか、どう考えていくべきか。今回はそこを話してみました。

一覧 はじめての方

30分間集中すれば成績は上がる!?

ノリ勉では1日30分の時間をいただいて、その30分の中でどうやって成果を出していくかを実践してもらうプログラムです。

「たった30分」でも成果は出せるし、30分で成果を出せない方が長時間勉強しても成果は出せない。

だから、まず最初に「勉強のやり方の基本」を知っていただく、それが親子ノリノリ勉強法。そのノリ勉で基本となる「成果の出る勉強のやり方」を知ったら、今度はそれぞれの塾や学校のテストに合わせてノリ勉で学習した「勉強のやり方」を応用して実践していく必要があります。

ノリ勉をうまく回してお子さんの達成感を目の前で見た方は当然次なる関心、テストで高得点に向かうのは当然です。

勉強時間も30分から1時間、2時間と延ばしていくことになるでしょうし、テストに向けてこなす問題数も1日30分のノリ勉をやったときよりも多くなる。

基本は30分の勉強1セットをグルグル回すだけ。さらにテストにどう応用していくか、テストに向けてどう活用していくか?これを今回タイガー山中とともに話してみました。

一覧 はじめての方