リニューアルオープン

→ お悩み相談室(音声セミナー)

トップ > 鉄則 > 親技をお休みにしていたら・・・

親技をお休みにしていたら・・・

小学5年生男子の母です。

メルマガを拝読し、本も鉄則も読まさせていただいておりましたが、実は最近、・・・親技をサボっていました。

そして勉強を強制しているうちに言うことを聞かなくなってしまいました。もちろん、勉強もしなくなり、もともとたいした成績ではありませんでしたが、あっという間に成績が下がりました。

本当にびっくりしました。こんなにあっという間なんですね。(1ヶ月で偏差値45→36)

もう退塾したほうがよいかと思うくらいですが、それをやめないのはやめたら、さらに勉強に触れなくなるのが目に見えているからです。

今更ですがもう一度親技を読み返し、できることなら再チャレンジをしようと思っています。
今も機嫌がいいときは一緒に勉強します。本当はこんなことではいけないのでしょうが・・。

ただ、同じ問題を反復するのを非常に嫌がります。また、式を書くのも、問題の解きなおしも嫌がります。ストロング先生は式を書くのを嫌がったら以前、(いま、バトルして勉強が進まないよりは、)後でアドバイスをしたらよいと、どこかでおっしゃっていましたよね?

それでいいのでしょうか? 別の時にアドバイスしても聞くようになるものでしょうか?

というのは本人は成績が下がったことへの危機感がないのです。

勉強しなかったから下がったんだという認識はなく自分は勉強している気になっているので親としてなんといっていいのやら、と思います。何らかのきっかけで成績が上がれば変わるものなのでしょうか?

まずは親子関係を修復するのが一番だというのはわかっていますが、大変自分勝手な相談で申し訳ございませんが、もし何かよいアドバイスがあれば何卒よろしくお願いいたします。

一覧 はじめての方

音声セミナーの更新情報はRSSフィードでも配信しています

RSSに登録 Google リーダーに登録 My Yahoo! に登録 livedoor Readerに登録  はてなRSS に登録

音声セミナーを聞くにはそれぞれの教材購入時にお知らせしている「ユーザー名」と「パスワード」が必要となります。もし、万が一、「ユーザー名」と「パスワード」がわからなくなったという方がいれば、お知らせ下さい。 あて先こちら ※音声セミナーmp3形式、レポートはPDF形式となります。