リニューアルオープン

→ お悩み相談室(音声セミナー)

トップ > 鉄則 > 公立中高一貫校の自宅での受験対策

公立中高一貫校の自宅での受験対策

公立中高一貫校の受験では、塾に行かずに入試に臨もうと考えている方も多いようです。

大手塾が公立中高一貫校対策講座を各校舎に設置し始めましたが、家庭の学習で入試に臨む場合、どういう考えで臨まないといけないのか。

中学、高校にかかわらず、入試における塾の大きな役割は、「この学校」に合格するために「必要な学習内容」がなにで、どれくらいまでできる必要があって、どういうスケジュールで勉強していくか、つまりカリキュラムの組み立てです。

塾のカリキュラムは、塾が考える志望校合格への道筋ともいえます。それに多額のお金を払っているわけです。

通常はその塾が組み立てたカリキュラムをいかに乗りこなすかに知恵を絞るわけですが、塾に行かないということは、いかに乗りこなすかの前に、合格への道筋であるカリキュラムを組み立てるところからのスタートになる。

カリキュラムを自分で組み立てる際に親がしなければならないこと、それは・・・・

一覧 はじめての方

音声セミナーの更新情報はRSSフィードでも配信しています

RSSに登録 Google リーダーに登録 My Yahoo! に登録 livedoor Readerに登録  はてなRSS に登録

音声セミナーを聞くにはそれぞれの教材購入時にお知らせしている「ユーザー名」と「パスワード」が必要となります。もし、万が一、「ユーザー名」と「パスワード」がわからなくなったという方がいれば、お知らせ下さい。 あて先こちら ※音声セミナーmp3形式、レポートはPDF形式となります。