リニューアルオープン

→ お悩み相談室(音声セミナー)

トップ > 鉄則 > 今からこんなに頑張って子供がかわいそうと言われた・・・

今からこんなに頑張って子供がかわいそうと言われた・・・

子供の好奇心に付き合い、好奇心のおもむくままに、自主的にさまざまな創造的な活動を子供がし、親がそれをフォローしている、自然なこととして。

しかし、それが他人から見れば、「いろいろ頑張って大変だね。今からこんなに頑張って子供がかわいそう。もっと遊ばせてあげないと!!」と私がものすごくお勉強させている様に言われてしまった。

「私としては毎日が彼の好奇心に付き合わされ大変です。プリントとか問題集とかやっていてくれた方が楽です。」というのが本当のところ。

しかし、それは周りにはそうは映らない。

このギャップはなに? 
どうすればいい? 

田舎のよくできるお子さんにはよくある話といえます。

悪気がない子供が自分でやってきたことを披露しても、それが素直に評価されない。

答えのないこの問題、特に日本において顕著にみられるこの問題をどう捉えるべきか?

一覧 はじめての方

音声セミナーの更新情報はRSSフィードでも配信しています

RSSに登録 Google リーダーに登録 My Yahoo! に登録 livedoor Readerに登録  はてなRSS に登録

音声セミナーを聞くにはそれぞれの教材購入時にお知らせしている「ユーザー名」と「パスワード」が必要となります。もし、万が一、「ユーザー名」と「パスワード」がわからなくなったという方がいれば、お知らせ下さい。 あて先こちら ※音声セミナーmp3形式、レポートはPDF形式となります。